お年寄り

ここでは、高齢者が低体温になってしまう原因をはじめ、基礎体温を上げるための方法など改善策をまとめて紹介しています。

高齢者が低体温になる理由と改善方法をチェック

高齢者は気温の変化に対する感覚や体温を調整する反応が衰えてくるだけでなく、加齢によって熱を生み出す機能をはじめ、身体のさまざまな機能が低下してきてしまうため、自然と体温も低くなってしまいます。

体温の維持や気温の感覚に順応に対応することが出来なくなってきているため、高齢者の約半数が低体温症と言われており、しかも本人は自覚していないケースがほとんど。

高齢者が低体温になってしまうと、回復するのは困難で重症化してしまうため、身の回りにいる人がきちんと把握して、室温や防寒対策など適切なケアを行っていく必要があります。

高齢者が低体温になる原因

高齢者が低体温になってしまう主な原因をまとめてみましたので、参考にしてほしいと思います。

  • 代謝の低下により体内で熱が作れなくなる
  • 血管が収縮せず体温調節機能が衰える
  • 暑さや寒さの感覚が鈍くなる
  • 熱が逃げやすく、冷えやすい状態となり体温維持が出来ない

中でも不整脈などの循環器疾患や精神疾患、糖尿病や高血圧などの内分泌疾患などを持つ人は、さらに低体温となるリスクが高まるので、気をつけてください。

老人性低体温症

高齢者の低体温で注意しなければならないのが、「老人性低体温症」です。

老人性低体温症は、雪山で遭難した時に起こるような生死に関わる低体温症状が、寒さの度合いに関係なく発症してしまう恐ろしい疾患で、身体の中心部の体温が35℃以下になると起こります。

健康な人であれば、体温が低下するのを防ぐために、皮膚の血管が収縮し血流が少なくなっていきます。しかし、高齢者はこの働きが鈍く、代謝の低下により体内で熱を作る働きも弱くなっているため、気温が18.3℃以下になると室内でも発症してしまうことが明らかになっています。

老人性低体温症になると、意識がもうろうとしたり、ろれつが回らなくなったりして、最悪の場合は心臓発作などが起こる危険を伴います。こういった症状が現れたらすぐに救急病院へ行くようにしましょう。

高齢者におすすめの低体温解消法

高齢者はハードな運動などを行うことが出来ないので、毎日の入浴方法を半身浴に改善したり、手軽に出来る複式呼吸などがおすすめ!

特にお風呂は毎日続けることで一時的に体温が上昇していたものが、持続していくようになるので、出来る範囲で行ってほしいと思います。