HOME/ あなたも予備群かも?低体温症セルフチェック

あなたも予備群かも?低体温症セルフチェック

ここでは、自分では、なかなか自覚しづらい低体温症のチェックリストを紹介します。

こんな症状がある人は要注意!低体温チェックリスト

冷え性とは違って、低体温は身体の内部が冷えたりするため自覚症状が分かりにくく見逃してしまいがちで、自分が低体温だと認識している人は少ないのだとか。

最近では隠れ低体温の人も多く、気付いた時には体温の低下が原因とされる病気になったり、深刻な状況になってしまう場合もあるようです。

そうならないためにも、今の身体の状態を把握しておくことが大切。低体温によって起こるさまざまな症状などをまとめてみましたので、チェックしてみてください。

あなたは大丈夫?低体温セルフチェック

該当する項目が多い人は低体温症の可能性アリ!どれも低体温の症状に関連しているものなので、よく確認しておきましょう。

  • 体温がいつも35度台
  • いつも手足が冷たく感じる
  • 体調を崩しやすい
  • 身体がダルくて疲れやすい
  • 肩こりがひどい
  • 頭痛が続いている
  • 生理不順で生理痛がひどい
  • 低血圧で悩まされている
  • 食欲がないのに太りやすい体質
  • イライラしやすく、何となく気分が沈んでしまうことがある
  • 便秘になりやすく薬に頼りがち
  • 下痢になりやすい
  • 髪や肌のツヤがない
  • めまいや耳鳴りがする
  • 疲れているのによく眠れない
  • 身体のむくみがひどい

診断結果をチェック!

1~2項目・・・低体温予備軍
自覚症状はあまり無いかもしれませんが、低体温予備軍の可能性があります。予備軍であれば手軽にできる改善法で体温を上げることが可能ですので、今のうちから予防することをおすすめします。

3~5項目・・・隠れ低体温
こちらも自覚症状が少なく、あってもただの冷え性かなと思っているだけの方が多いでしょう。しかし、この状態をそのままにしてしまうと低体温化がさらに進んでしまうことも!

5項目以上・・・低体温のキケン信号!
低体温の可能性が極めて高い危険な状態です。低体温症は頭痛や肩こり、さらには病気など、さまざまな身体の不調を引き起こします。

これらの日常的な不調は慢性化してくると判断しにくくなってしまうので、少しでも調子がおかしいと感じたら、自己判断せずに専門の医療機関を受診することをおすすめします。

症状が軽い方であれば、このサイトでも紹介している体温を上げる方法で改善させることも可能ですので、ぜひとも参考にしてもらえればと思います。

低体温に当てはまる場合はチェック!体温を上げる方法リスト>>