服装(LEVEL3)

ここでは、基礎体温を上げるために行いたい、服装の特徴や体温が上がる仕組み、おすすめポイントをまとめています。

基礎体温をアップ!温活に有効な服装とは

体温を上げるためには、毎日の服装に気を付けることでも改善できます。

特に女性は流行のファッションを追い求め、寒い時でも薄着になりがち。薄着や生足といったスタイルは当然身体を冷やしてしまうので、基礎体温を下げてしまう原因にもなります。

また、身体にフィットする服装はスタイルをよく見せるために着用する人が多いですが、身体を締め付けてしまい、血液循環に悪影響を与えてしまうので要注意!

補正下着なども、身体を圧迫させてボディラインを矯正するため、定期的に着用することで血行が悪くなってしまい、体温の低下が慢性化してしまう恐れがあります。身に付ける時には、長時間の着用を避けるなど気をつけるようにしましょう。

体温を上げる服装とは

体温を低下させないためには、毎日の服装でも身体を温めていくことが大切!どのような服装を心掛けていけば良いのか、チェックしていきましょう。

  • サイズが合った服装
    跡が残るくらい食い込んでしまう洋服は、窮屈で動きにくいだけでなく、血流が悪くなるのでNG!適度にフィットしたデザインのものを選ぶようにしましょう。
  • 薄手の服を重ね着
    体温調整に優れたインナーを着用するのはもちろんのこと、薄地の服を重ね着することで保温効果がアップ!また、必要に応じてすぐに着脱が出来るストールやレッグウォーマーなど、あったか小物をプラスして微調整しましょう。
  • 腹巻をする
    腹部には大きな筋肉があるので、腹巻で温めることで効率よく体温を高められます。最近ではデザイン性に富んだものが多くあり、薄手で目立ちにくいものが主流となっているので、取り入れやすいアイテムとなっています。

pick up!体温を上げるおすすめアイテム

冷え取り靴下

nuxの冷え取り靴下
画像引用元:nux(http://beauty-nux.com/)

上質なシルクの5本指ソックスと、オーガニックコットンのおしゃれなカラーソックス2枚の靴下を履くことで、蒸れずに足元を温めて全身の血行を促進するというもの。

ゴムで締め付けるような構造になっていないので、就寝時にも着用出来るようになっています。

多くのモデルの方々が愛用していることから、最近温活に役立つアイテムとして注目されています。

 

薄手腹巻

natural sunnyの薄手腹巻
画像引用元:naturalsunny
(http://www.natural-sunny.com/shopdetail/000000000247/)

冬場はもちろん、夏でも使用可能な薄手のボディーウォーマーで、綿の約1.5倍もの吸湿性と放湿性があるシルク100%なので、通気性も抜群でしっかり身体を温めてくれます。

シルク素材ならではの心地よい肌触りなので、インナーとして1年を通じて身体の体温調節をサポートしてくれると思います。

 

レギンス

三恵の内絹外綿レギンス
画像引用元:三恵
(http://www.brassiere-shorts.jp/item/c2650/)

肌に当たる部分はシルクで作られており、薄手だからパンツの下にも履ける万能レギンス!夏場の冷房対策にも使えると思います。

ウエストゴムの調整も出来るので、自分のサイズに合わせて変えられるところも評判となっています。

 

 

続けやすさの評価

流行やおしゃれに敏感な世代にとって、体温を上げるための服装を継続して取り入れることは困難かも知れません。

他にも低体温を改善する方法はあるので、自分が続けられそうなものを試して欲しいと思います。