HOME/ 冷え性・低体温になる原因/ 体温とダイエットのカンケイ

体温とダイエットのカンケイ

ここでは、体温が低い状態でダイエットを行うことで起こる影響について解説。ダイエットと基礎体温の重要性をまとめています。

冷えは大敵!体温とダイエットの関係性

色々なダイエットを試してみたけど全く痩せない、少しは痩せたけどリバウンドしてしまった …という人は要チェック!

ダイエットというと、運動や食事・サプリメントなどさまざまな方法があると思いますが、痩せやすい体質に改善しなければどの方法を行っても効果が得られません。

試しに今の体温を計測してみて下さい。もし36℃以下の場合は低体温が原因でダイエットが上手くいかないかも知れません。

体温を維持するということは食べたものが体内で多くのエネルギーとなり、体温を上昇させる熱などに変えているのですが、体温が低いとこの体温調節のための代謝が鈍くなり、カロリーが消費されなくなります。

また、脂肪の燃焼には酵素が欠かせませんが、体温が低い状態では酵素が活発に働くことが出来ず、脂肪が燃えにくくなるため、知らず知らずのうちにダイエットに不向きな体質になってしまうのです。

代謝の種類

私たちの身体の中ではどのようなエネルギー消費が行われているのか、代謝の種類について紹介しています。

  • 基礎代謝
    生命を維持するために必要なエネルギー消費量のこと。何もしなくても消費されているエネルギーで、代謝の約70%を占めています。
  • 活動代謝
    体を動かした時に使うエネルギー消費量のことで、生活活動代謝とも呼ばれています。
  • 食事誘導性熱代謝(DIT)
    食事で口にした物を栄養素を分解したりする際に起こるエネルギー消費量のことをいいます。

体温が低い人におすすめのダイエット方法とは

さまざまなダイエットを行う前に、まずは自分が痩せられる体質であるかを確認することがポイント。

体温が低いと、食べたものがエネルギーとならずに脂肪としてどんどん蓄えられてしまうので、まずは体温を高めるように体質を改善していくことが大切です。

代謝をUPできる!体温を上げる方法一覧>>